骨盤矯正

産後の骨盤のゆがみとその症状

産後の骨盤のゆがみはいろいろな症状があります。産後は骨盤が大きく開くので、それが閉じるのは産後3カ月ぐらいから始ると言われているのです。そして産後4カ月から6カ月程度の間に閉まります。その間にしっかり矯正を行ってゆがみをなくすようにすると、いろいろな恩恵があります。逆に言うとそれらは、ゆがみを放っておくと起こってくる症状でもあるのです。まず産後はある程度体重が戻りますが、どうしても元に戻りにくい人も結構います。その中には骨盤のゆがみが残ってしまっている人もたくさんいるのです。骨盤のゆがみによって血行が悪くなり、それがダイエットにも影響していると言われています。

まず代謝を落としてしまうために太りやすい体質になってしまい、たいして食べていなくても太ってしまうということも。体重減少どころか逆に増加してしまう人もたくさんいます。特にその頃は赤ちゃんの育児や家事で、てんてこまいのお母さんです。それでも太るということは相当代謝が落ちてしまっている表れられなのではないでしょうか。ほんのちょっとの骨盤のゆがみが、大きな代謝異常を起こすこともあるということです。だからこそ骨盤矯正は、お母さんの美容のためにも欠かせないことと言えるのではないでしょうか。

また冷え性などにもなりやすく、次の妊娠がなかなかできないという不妊にも関係してくると言われているのです。他に顔が歪むなどの症状も後々出てくることになります。出産で大きく骨盤が開いたことでゆがみが発症し、それから少しずつゆがみが大きくなっていく場合もあります。すぐに症状が表れずに、ある程度年数がたってからいろいろな影響が出る場合もあります。切ったら血が出て痛くなるという切り傷のような性質のものではないので、じわじわと影響が出てくることもあるのです。だからこそ産後の骨盤のゆがみ矯正はとても大切なことであり、是非毎日少しでも続けて欲しいことでもあるのです

私が成功させた不妊症の治し方

産後の骨盤の歪みによる症状を考える

産後は女性にとってとても骨盤を意識すべき時期とも言えます。出産のときには女性はいつもよりずっと骨盤が開き、赤ちゃんを無事産道に押し出すようになります。このときには子宮も大きく収縮させるためにお産の痛みが襲ってきます。しかしお産の痛みは骨盤がめいっぱい開こうとする痛みも混ざっているのです。それほど骨盤が開くので閉じるのにも時間が掛かります。産後3カ月頃から半年の間にきちんと閉まるようになっています。そのときに骨盤に歪みが生じてしまうと、その後の体重の減少がなかなかうまくできなかったり、逆に増加することも考えられます

産後のダイエットはとても大切ですが、授乳があるのでカロリーコントロールはできません。でも代謝がしっかり高まっていればダイエットは簡単にできるはずです。しかし現実にはなかなか骨盤矯正ができていない女性も多く、産後に体型が戻らないと悩んでいるお母さんたちもたくさんいます。骨盤が歪むと便秘になったり、冷え性になったり、内臓機能が落ちることもあります。太っているのに病気になりやすく、体力がいまひとつという場合もあるようです。これらホルモンのバランスにも関係し、それが自律神経にも影響を与えていることもあります。

また出産の後から腰痛が起こるようになった、腰痛がひどくなったという女性も結構いるようです。やはり骨盤の歪みはダイレクトに腰痛になることも多いと言われています。腰痛、冷え性、肥満、免疫低下、ホルモンバランスや自律神経の乱れなどの症状は、その何倍もの悪影響を体に与える可能性もあるのです。また骨格的にも歯の噛み合わせが悪くなったりすることもあり、顔の変形にもつながります。また噛み合わせが悪くなるとかみ砕きにも問題が出てくるため胃腸機能が落ちたり、ここでも代謝が落ち結局肥満につながることもあるのです。このように一言では表せないほど、いろいろなことにかかわって不調を生み出すことになるので、是非産後の骨盤矯正は大切に考えるべきではないでしょうか。

産後こそしっかり行うための骨盤矯正方法

出産をすると骨盤はとても広く開くようになりますが、女性はもともと生理のたびに骨盤が開き4日ほどでまた閉まるということを繰り返しています。しかし出後、骨盤が完全に閉じるまでに歪みが残ってしまうと後々面倒なことになるので、完全に閉じる前にしっかり骨盤矯正を行うといいでしょう。骨盤が歪んだまま閉じてしまうと産後太りが戻らなくなったり冷え性になったり、次の妊娠が望めないということも起こってきます。

とは言っても産後すぐに骨盤矯正はできません。そこで産後骨盤矯正を行うなら産後二ヶ月目からスタートするようにしましょう。もちろん産後に体のトラブルがない場合に限るので、何かトラブルがある場合は医師への相談をしてからスタートします。その頃は特に赤ちゃんの育児や家事などでお母さんもクタクタなので、あまり面倒な骨盤体操をしてもなかなか続きません。家事の間でもちょっとしたときにできるタイプのもので、ダイエットにも効果の高いものを選ぶといいでしょう。

例えば、1日5分でいいので腰回し体操をしましょう。肩幅に足を開き、膝を緩めるのがコツです。そして上半身は動かさないようにしながら、腰を緩く回していきます。自分の回りにドーナツを描くような感じであまり力まずに行いましょう。5分でもコアマッスルに効き、ダイエットにもおすすめです。そして寝る前にも一つダイエットに効果のある方法をご紹介しましょう。仰向けに寝て両膝を立て、片方の足を片方の膝の上で組みましょう。そのまま腰と背中を床から離し持ち上げて3秒キープします。息は止めずにゆっくりハーッと吐きながら行い、両足交互に5回ずつ行ってから寝るようにしましょう。他に仰向けになって両膝を立て、左右にゆっくり倒していきます。肩は床から離れないようにしてひねっているウエストを意識しましょう。このときも息は止めないように吐きながら、3秒キープして交互に行います。毎日このような簡単なことでいいので、続けることで骨盤矯正は確実に行われます

骨盤矯正は産後ガードルから

骨盤矯正は産後絶対に必要と言われています。特に出産のために女性の骨盤はしっかり開くようになっています。出産時には骨盤が開き、そのままにしておくと自然にも閉じていきますが、やはりしっかり骨盤矯正をしてあげた方が早くきちんと戻りますし、戻りきれず歪んだままになることも十分考えられます

そのためにまず出産したら骨盤矯正産後専用のガードルをおすすめします。もちろん骨盤矯正のためには骨盤矯正ベルトも人気ありますが、産後ガードルはお腹のたるみをしっかり予防し、ボディーづくりの計算しつくされたものです。そのため出産の後の体を整える効果が期待できる、骨盤矯正の効果があるので絶対におすすめではないでしょうか。

産後ガードルは体がしっかり元に戻ると、ヒップや腹回りも細くなるのでだんだん緩くなって使えなくなります。そうなれば今度は骨盤矯正ベルトなども人気ですが、骨盤矯正ガードルにチェンジしましょう。やはり産後は赤ちゃんの世話と家事などで、もうお母さんはとても毎日が疲れ切ってしまいます。そんな状態のときには、ただ履くだけ、ただ座るだけ、ただ付けるだけのように楽なタイプの骨盤矯正がいいのではないでしょうか

そして産後3カ月過ぎた頃からはダイエットも兼ねて、自分で体操やヨガなど体を動かすことで、骨盤矯正とダイエットを同時に行うようにしましょう。産後のあと骨盤が歪んだままになると、どうしても血行が悪くなるので代謝が落ちて太ったり痩せずらくなる人が意外と多くいます

他にも冷え性になってしまったり、腰痛に苦しんだりといろいろな症状が出てきます。ちょっとした歪みが大きな症状を引き起こすこともあるのです。また次の出産を期待しても、なかなかできないということにもつながってしまいます。出産は骨盤矯正を意識するとても良いチャンスにもなるので、是非自分なりの骨盤矯正を行うようにしましょう。そして出産後にはまず骨盤矯正ガードルは簡単で効果が高いので是非おすすめです。

産後の骨盤矯正体操

産後には骨盤体矯正を是非考えるようにしたいものです。まず出産直後は産後用ガードルを使用することで骨盤矯正ケアになります。出産した女性は産後3カ月から4カ月後ぐらいから骨盤は元に戻ろうと自然に閉まってきますが、妊娠前から骨盤の歪みがあったりすると戻りづらくなるのです。また産後3カ月後までに、授乳などで横座りなどして骨盤を歪むような体勢を取ったり、足組などの座り方をするとますますもどりにくくなります。

産後骨盤の歪みが戻らないために起こることは、血流悪化によるトラブルが多くなります。脂肪の燃焼が落ちて太ってしまい特に下腹部に脂肪が取れないことや、肩こりやむくみ、冷え性なども起こります。そして次の赤ちゃんの妊娠がなかなかできないということもあります。

そこで骨盤矯正体操がおすすめですが、いつからスタートすべきなのか迷ってしまうのではないでしょうか。やはり産後すぐには産褥体操はおすすめですが、骨盤矯正体操はちょっと早過ぎるようです理想は産後2カ月から半年の間にしっかり行いましょう4カ月過ぎるとどんどん骨盤が閉じていくので、歪み矯正も大変になってしまいます。できればまだ開いているうちに矯正をすることがベストと言われているのです。体の調子さえ悪くなければ是非産後2カ月頃から始めましょう。

では産後の骨盤矯正の効果ですが、やはり代謝が高くなるので体重が早く元に戻るという効果があります。もちろん生理も順調になり次の妊娠もしやすくなるという効果も期待できます。妊娠後にスタイルがなかなか戻らない女性が多い中、逆に骨盤矯正体操をしてスタイルが良くなったなんてことも期待できそうです。

そして毎日続けるためにも、骨盤矯正ヨガやストレッチ、それに骨盤矯正スクワットなどいろいろな体操があるので自分にあったものを選択して行うようにしましょう。またあらためて骨盤矯正体操の時間を取らなくても、テレビを見ながらでもできるようなタイプの方が忙しい新米ママにはおすすめです。

腰を落とすのは意外と慣れるまでは大変に感じます。でも慣れてしまうと簡単にできるので最初だけちょっと頑張りましょう。そしてこれはダイエット運動にもなるので、是非ダイエットを考えている人にもおすすめです。場所を選ばず道具もいらないのでとても簡単に行えます。ポイントは足を肩幅以上に開かず、骨盤を引きならが踏ん張るイメージで行いましょう。

産後に行う骨盤矯正運動

出産後は骨盤が開いているので骨盤をしっかり歪みを矯正しないと、後々大きな歪みの原因にもなります。特に次の妊娠を希望している場合は、骨盤の歪みによって不妊になることもあるので注意しましょう。また産後太りが解消しない原因にもなるので、スタイルを綺麗に戻したい人も産後の骨盤矯正は必要なのです。そこでいつからスタートさせるといいのかということになります。まず産後4カ月程度で完全に骨盤は閉まります閉まってしまってからでは歪みを取るのは大変なので、できれば産後2カ月後になったら、骨盤矯正運動を行うようにしましょう。骨盤矯正ベルトやチェアーのように何もしなくても骨盤矯正ができるタイプのものより、やはり自分で動いて改善する方が効果は高いので産後2カ月目からスタートし、特に産後半年まではしっかり行うようにします。

最初はあまり過激なものでなく、簡単にできるタイプの運動を行うようにしましょう。また骨盤矯正運動はコアを鍛えることができるので、出産後のダイエット運動にもなるので是非毎日15分以上行うようにしたいものです。骨盤も綺麗に閉じ、歪みを改善することで代謝も上がり、コアを鍛えることで体重減量にも高い効果が期待できるというわけです。授乳中は、カロリーコントロールはあまりおすすめできません。産後家事も育児も忙しくしているのに、あまり体重が減らないと感じている人のほとんどが、代謝を落としていると言われています。特に睡眠不足も代謝を下げてしまう要因になっています。その上骨盤の歪みによる代謝低下などが起こると、健康にもダイエットにも影響があります

そんな中の1つご紹介しましょう。四つん這いになって顎を上げておきます。ゆっくりお尻に刺激があるまで片足を上に上げましょう。ゆっくりもどしたら逆の足と交互に行います。交互に行うときに間にもう一つアクションをプラスします。足をゆっくりおろしたら顎を引いて背中を丸めましょう。そして逆の足を持ち上げ、また背中を丸くして逆の足というように、交互に繰り返します。毎日3分やってみるといいでしょう。


妊婦の必要?骨盤矯正体操

妊婦も骨盤矯正体操は、是非行いたいものです。骨盤が開くお産に向って、骨盤矯正体操なんで何の意味があるの?という声が聞こえてきそうです。しかし歪みをなくし骨盤周辺の筋肉をしっかり鍛えることで、きれいに骨盤が開き、産後はまたきれいに閉じていくようになります。そのために妊婦は出産初期から無理のない骨盤矯正体操はおすすめです。もちろん安産にもつながります。また妊娠中の尿漏れなども骨盤底筋が弱ってしまうことで起こります。ただし、妊娠4カ月までは不安定なこともあるので、行うにしても軽いタイプのものにして、絶対に無理をしないようにしましょう。また出血などが見られたときには、体操を避けて医師に相談するようにしましょう。

そして妊娠5カ月以降に無理のない骨盤矯正体操を行うようにしましょう。特に妊婦におすすめの骨盤矯正体操をご紹介しましょう。まず仰向けに寝て肩を床から離さないようにしておきます。膝を立てて両膝を付けたまま左右にゆっくり倒していきます。肩は床から離れないで倒れるところまでで十分です。無理に反動を付けたりしないで、できる範囲で行いましょう。次に同じように仰向けになり、片方の膝を曲げて倒します。例えば右足を曲げるなら膝を曲げて右に倒します。今度は左足に交代して左足の膝を曲げて左に倒しましょう。これを交互に10回程度やってみましょう。寝るまでなど、気分のいいときに行うようにします。

また妊娠中は運動不足になるので、ウオーキングはとてもおすすめです。気分転換にもなるのでツワリがあるときにもいいと言われています。さてこのウオーキングを利用して骨盤矯正体操をすることもできます。歩く時に足を前に出しますが、このときに足の付け根から前に出すイメージをもちましょう。それによって骨盤付近の筋肉をしっかり付けていくことができます。ウオーキングは長い時間でなくても大丈夫、20分程度で十分です。特に強制感を持たずに楽しみながら行うようにしましょう。


頑張らなくていい産後ダイエット